色彩トピックス

” 暮らしを愉しくする色のあれこれ ”

 

今日の問題(2021年4月8日)|視物質とは?

  • 作成日:2021/04/08

  • 更新日:2021/04/09
  • 眼の構造を理解する
    眼の構造の章は色彩検定®の中でも苦手な方が多く、生物学や生態学が好きな方でなければなかなか頭に入ってこないですよね。

    色彩検定®では配色やコーディネートを学ぶとともに、専門家でなくとも色の仕組みについて知っておいた方がよいことを学べます。

    色覚特性は個人個人の色の知覚における特徴で、全く同じ人はいないと考えられています。運動能力が異なるように、また長所・短所のように色を知覚する能力には差があります。

    その中で色を区別しずらい特徴を持っている人は、日本人では男性では全体の5%、女性では全体の0.2%と言われています。

    この問題は錐体細胞の構造に起因するものがほとんどですが、光の明暗を知覚する杆体細胞においても個人差があります。

    視物質は杆体細胞、錐体細胞それぞれにあり、光・色を知覚するために重要な役割を担っています。ちなみに、杆体細胞にある視物質のことを別名で、視紅(しこう)とも呼びます。

    なかなか覚えにくいですが、試験合格を目指して頑張ってください^^
    ライター・編集者

    カラーオン Mitsuru

    カラーコーディネーター

    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、多くの人が色・コーディネート・デザインを楽しめるようにコンテンツをご提供しています。