媚茶(こびちゃ)とは

 
  • 「昆布茶」でなまって「こびちゃ」と呼ばれるようになりました。媚は当て字です。
  • 江戸時代8代将軍徳川吉宗のころ江戸庶民に愛されました。江戸時代の色名は、色の説明や伝達性には構わず、語感のようなものに凝っているところもあります。
« 戻る

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事