璃寛茶(りかんちゃ)とは

 
  • 2代目嵐吉三郎が舞台衣装などに好んで使った色です。璃寛は嵐吉三郎の俳号です。
  • 江戸時代の2大流行色が茶と鼠で、「四十八茶百鼠」と呼ばれるほど庶民に愛好されました。数字は実際の数とは無関係で、それほど多くの色が好まれたという意味です。
  • 文政13年刊行の風俗随筆『世事見聞録』には次のようなことが書かれています。「今の芝居は世間のものまねをするのではなく、世の中が芝居の真似をするようになった。」。役者が好んだ色を庶民が楽しんだようです。
« 戻る
色彩eラーニングセンター
色彩検定®とは(色彩検定®情報)
作品・商品紹介依頼フォームへ

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事

7日間アクセスランキング

~~ 「色を楽しむ」コンテンツ ~~

7日間アクセスランキング

~~ 「色彩を学ぶ」コンテンツ ~~