胡粉色(ごふんいろ)とは

 
  • 貝殻の粉末を白の絵の具にしたものを胡粉と言います。
  • 古代中国の故では鉛を使って白色顔料を精製していました。胡から渡来した粉末という意味で胡粉と呼ばれますが、鉛中毒が問題となってカキなどの貝を使用されるようになりました。
« 戻る
講座・セミナー
パワポチラシデザイナー
配色の基本講座
色彩検定®3級対策
色彩検定®とは(色彩検定®情報)
作品・商品紹介依頼フォームへ

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事

7日間アクセスランキング

~~ 「色を楽しむ」コンテンツ ~~

7日間アクセスランキング

~~ 「色彩を学ぶ」コンテンツ ~~