色名一覧

色名の由来・物語

胡粉色(ごふんいろ)とは

 
  • 貝殻の粉末を白の絵の具にしたものを胡粉と言います。
  • 古代中国の故では鉛を使って白色顔料を精製していました。胡から渡来した粉末という意味で胡粉と呼ばれますが、鉛中毒が問題となってカキなどの貝を使用されるようになりました。
« 戻る