雑貨・インテリア

色彩がインテリア空間を整えます!

母の日におすすめハンドメイドのフラワーアレンジメント

  • 作成日:2020/05/01

  • 2020年の母の日は5月10日(日)です。

    新型コロナウイルス肺炎症の影響で、ゴールデンウィークはどんな風に過ごそうか迷っている方も多いかもしれません。

    時間があるかたは母の日のプレゼントを作ってみませんか?

    ドライフラワーでアレンジメントしてみるのもいいかもしれませんね。

    5月10日はおうちで母の優しさに感謝する日にしましょう!
    卓上で可愛く眺めるフラワーポット
     
     
     
    真紅、ピンクと白の華やかなフラワーポットです。

    私たちを大きく広い心で見守ってくれている母の愛情を小さなポットの中にぎっしり詰め込んだような感じがします。

    母の気持ちを花に映し出し、心を解放してあげたいですね。
    エレガントで華やかに
     
     
     
    ピンクの中に上品な薄い紫が加わるとエレガントな雰囲気になります。

    華やかに元気よく母に感謝を伝えたいときはイエローも加えて少しカジュアルにするのもいいですね。
     
    幻想的で優しいリース
     
     
     
     
    ロマンチックな色合いのリースです。

    ホワイトを基調に淡い紫とややオールドなピンクの組合せで優しさが伝わってきます。

    母になっても何年たっても、花嫁のような愛と希望に満ちた気持ちを持ち続けほしい、そんな気持ちを込めてみてはいかがでしょうか。
    部屋に飾りやすいリース
     
     
     
     
    お花の部分を半円にまとめるとお部屋にも飾りやすくなりますね。

    こちらはお花をちいさくまとめた可愛らしさとやや渋いリーフを合わせたボタニカル感が素敵ですね。

    ウィディングのリーフブーケとして作られたデザインですが、母の日にも似合います。
    花は少なめ、気持ちは丁寧に。
    花は少なめでも、丁寧に気持ちを伝えることができます。

    パートナーへ贈る男性はたくさんのお花を使うのではなく、一輪に込めた気持ちを優しく凛とした形で伝えるといいのかもしれません。

    紺色のリボンを使うと誠実さが伝わってきます。
    最後にデザートを
    団らんの最後にスイーツを食べて、甘く優しい気持ちに包まれたいですね。

    5月10日はおうちレストランを開店しましょ。
    ライター・編集者

    カラーオン Mitsuru

    カラーコーディネーター

    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、多くの人が色・コーディネート・デザインを楽しめるようにコンテンツをご提供しています。