色彩を学ぶ

” 毎日が楽しくなる色彩知識を学ぼう! ”

 

トーンイントーン配色を理解して、毎日の色彩生活を楽しもう!

  • 作成日:2020/04/26

  • 更新日:2020/10/14
  • 直訳すると「トーンの中にトーン」ということで、あるトーンの色に、同じトーンで色相が異なる色を合わせる配色方法です。

    トーンは同じような印象やイメージ・感情効果を持っていますので、イメージ表現が行いやすくなります。

    テーマが決まっているときの色選びにおすすめです。

    トーンオントーン配色はメインカラーのトーンによって、印象が大きく変わってきます。
    トーンイントーン配色の例
    ドミナントトーン配色
    色彩検定2級の出題範囲にドミナントトーン配色という配色技法が含まれています。

    このドミナントトーン配色とは、ある「支配的な」トーン使った配色ということで、トーンイントーン配色を同じ配色技法になります。
    ■□■ トーンイントーンについてさらに見てみる ■□■
    当サイトの検索結果よりトーンイントーンの情報をご覧いただけます。
     

    >>”トーンイントーン”に関する他のコンテンツを確認する


    最後までお読みいただきありがとうございます。


    筆者紹介
    山口 充

    株式会社カラーオン代表、カラーアドバイザー(専門:消費者色彩心理、ウェブデザイン)
    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、 オリジナルデザイン自転車(一部、TVドラマでも使用)の企画を担当し、色彩の世界に誘われました。 色彩検定1級を独学で取得後、色彩心理・色彩文化を深め、株式会社カラーオンを設立。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに 衣住等物品販売の支援サービス、色彩学習サービス、ウェブメディアの運営を行っています。
    ◇色彩についてお困りのことやがございましたらお気軽にご連絡下さい。

    サービス一覧