色彩を学ぶ

” 毎日が楽しくなる色彩知識を学ぼう! ”

 

トーンイントーン配色を理解して、毎日の色彩生活を楽しもう!

  • 作成日:2020/04/26

  • 更新日:2021/12/29
  • 直訳すると「トーンの中にトーン」ということで、あるトーンの色に、同じトーンで色相が異なる色を合わせる配色方法です。

    トーンは同じような印象やイメージ・感情効果を持っていますので、イメージ表現が行いやすくなります。

    テーマが決まっているときの色選びにおすすめです。

    トーンオントーン配色はメインカラーのトーンによって、印象が大きく変わってきます。
    トーンイントーン配色の例
    ドミナントトーン配色
    色彩検定2級の出題範囲にドミナントトーン配色という配色技法が含まれています。

    このドミナントトーン配色とは、ある「支配的な」トーン使った配色ということで、トーンイントーン配色を同じ配色技法になります。
    ■□■ トーンイントーンについてさらに見てみる ■□■
    当サイトの検索結果よりトーンイントーンの情報をご覧いただけます。
     

    >>”トーンイントーン”に関する他のコンテンツを確認する

    ライター・編集者

    カラーオン Mitsuru

    カラーコーディネーター

    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、多くの人が色・コーディネート・デザインを楽しめるようにコンテンツをご提供しています。