色彩を学ぶ

” 毎日が楽しくなる色彩知識を学ぼう! ”

 

トーンイントーン配色を理解して、毎日の色彩生活を楽しもう!

  • 作成日:2020/04/26

  • 更新日:2020/10/14
  • 直訳すると「トーンの中にトーン」ということで、あるトーンの色に、同じトーンで色相が異なる色を合わせる配色方法です。

    トーンは同じような印象やイメージ・感情効果を持っていますので、イメージ表現が行いやすくなります。

    テーマが決まっているときの色選びにおすすめです。

    トーンオントーン配色はメインカラーのトーンによって、印象が大きく変わってきます。
    トーンイントーン配色の例
    ドミナントトーン配色
    色彩検定2級の出題範囲にドミナントトーン配色という配色技法が含まれています。

    このドミナントトーン配色とは、ある「支配的な」トーン使った配色ということで、トーンイントーン配色を同じ配色技法になります。
    ■□■ トーンイントーンについてさらに見てみる ■□■
    当サイトの検索結果よりトーンイントーンの情報をご覧いただけます。
     

    >>”トーンイントーン”に関する他のコンテンツを確認する

    ★必見★
    配色例・色使い例をほぼ毎日更新中!

    ネイルサロン、アパレルショップ・雑貨店、工務店にもフォローするカラーオン公式アカウント。
    筆者紹介
    山口 充

    カラーオン代表、カラーコーディネーター
    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(一部、TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、色使いが苦手な方のカラーコーディネート講座、ビジネスのパフォーマンスを向上する色彩活用講座を実施。

    お知らせ

    会員登録で無料コンテンツを利用可能
    Amason電子書籍「配色パターン事典」