トーンオントーン配色を理解して、毎日の色彩生活を楽しもう!

  • 更新日:2020/04/26
  • 直訳すると「トーンの上にトーン」というころで、「トーンを重ねる」配色のことを言います。

    PCCSで色相が同じか色相差が3以内の色で、明度差をおおきくとった配色になります。

    同系の色相でまとめられていますので統一感がでます。

    似ているトーンを重ねた場合は落ち着きのある印象に、トーン差が大きい場合は明快な印象になります。
    トーンオントーンの配色例①
    トーンオントーンの配色例②
    ドミナントカラー配色
    ドミナントカラー配色は3色以上の色相に統一感のある配色です。

    PCCSで同一色相から色相差が3以内の色相を用いることはトーンオントーン配色と同じです。

    トーンオントーン配色は同系色の濃淡配色で主に彩度は同じで明度差をつけた配色になります。

    ドミナントカラー配色は彩度差もつけた配色も含まれます。

    トーンオントーン配色は、ドミナントカラー配色の一部ということができます。

    ファッションやインテリアのカラーコーディネートを考えるときには、トーンオントーン配色の明度差を意識した色選びがお勧めです。

    素材によって光かげんや見る角度によって色は多様な表情を見せますので、できるだけ色選びはシンプルに考えるとよいですよ。
    ■□■ トーンオントーンについてさらに見てみる ■□■
    当サイトの検索結果よりトーンオントーンの情報をご覧いただけます。
     

    >>”トーンオントーン”に関する他のコンテンツを確認する

     

    何色の気分?

    色入替え

    <記事一覧>

    最新記事