色名一覧

色名の由来・物語

水浅葱(みずあさぎ)とは

 
  • 浅葱色とも水色とも、どちらとも言えないような色に付けられた色名です。
  • 藍染の中で瓶覗の次に淡い色とされています。
  • 「親分は水浅葱まで着た男」という川柳が残っていますが、囚人服の色が水浅葱だったのかもしれません。
  • 藍染色名を薄い順番に並べると、水色→瓶覗→水浅葱→浅葱→薄縹→浅縹→納戸→藍→紺などとなります。
« 戻る

<記事一覧>

最新記事