レディスファッション

毎日を素敵な色彩で彩ろう!

2020年春夏レディスカラートレンド『Bio Plants バイオ・プランツ(生命の植物)』

  • 作成日:2020/04/08

  • 更新日:2020/07/18
  • 日本流行色協会(jafca)より提案された2020年春夏カラートレンド、レディスウェアのカラーテーマです。

    科学的に作られた自然、植物をイメージしたクリーンなナチュラルカラーグループです。コルク素材のブラウンをアクセントにしたような、優しくも人工的なイメージです。

    キーワードはバイオ、自然、新しい考え、自然ではない自然、生命

    ※jafca発行『流行色 No.597』より
    <jafca提案カラーパレット>
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    素材感のあるジャケットとアシンメトリなスカート
    ざらっとした質感が印象的なトップスで、乾燥した藁やへちまを思い浮かべるような、ナチュラルな雰囲気です。
    地層を重ねたような切り返しのラインがあり、自然のダイナミックな変化を感じる落ち着きのあるデザインがユニークですね。

    このコーディネートで特徴的なのはアシンメトリーなプリーツスカートです。上半身の自然感とシック・モダンなスカートデザインの組合せは、21世紀の人と自然の融合を示唆するような新しい着こなしですね。。

     
     
     
     
    イエローグリーンとピンクの重ね着
    イエローグリーンもピンクも自然の中で溢れているにも関わらず、私たちは毎日の生活でこの2色を同時に使うことに慣れていません。

    特に日本人はピンクをかわいらしく使うことに慣れているからかもしれませんね。

    イエローグリーンは若々しさの象徴で、穏やかに前向きな雰囲気を作ります。

    内側にかわいい元気を感じるピンクを合わせると、行動的な印象を受けます。

     
     
     
     
    カーキのスエードスカートと柔らかな素材のシャツ
     
    濃いめオリーブカラーのスエードスカートがメインカラーのコーディネートですね。表面の質感に安心感があり、ナチュラルな雰囲気が丁寧に伝わってきます。

    シャツは薄く柔らかい素材でフェミニンな雰囲気です。濃いめのオリーブ色のスカートに合わせると、かわいすぎずに大人の落ち着き感も出ています。

    全体的にナチュラル・クラシックのイメージで、オフの着こなしにマネをしたいですね。

     
     
     
     
    ※このページのコンテンツはカラーオン独自の提案であり、国内及び海外の色彩関連団体による確認・承認を得ているものではありません。予めご了承ください。
    筆者紹介

    Mitsuru

    カラーコーディネーター

    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、多くの人が色・コーディネート・デザインを楽しめるようにコンテンツをご提供しています。