メンズファッション

色彩があなたの力になる!

【2022春夏カラートレンド】メンズウェア(日本流行色協会より)

  • 作成日:2022/02/12

  • 更新日:2022/05/14
  • JAFCA(ジャフカ、日本流行色協会)が発表・提案している2021年春夏メンズウェアのカラートレンド(テーマ)をご紹介します。

    詳細についてはJAFCAホームページをご確認ください。
    2021年春夏メンズウェアカラーの全体的なテーマとしては、“Sensitivity” センシティビティということで、withコロナにおけるヒューマニズムな価値観を模索しながら作り上げていく、人との繊細な関わりの中で行動していく様子が感じられます。

    LGTBQをはじめとする個々の尊重、多様な価値観の尊重を求めつつ、コロナによって物理的に壁を作らざるを得ない状況でも心のつながりは絶やさない時代。いっそうセンシティブで丁寧なコミュニケーションが心地よい時代になっています。

    その中で人間らしい力強く行動すること、原点に返った生きる喜びを共有すること、今季のJAFCAメンズウェアカラーを眺めているとそのような意識を感じてきます。皆さんはこのシーズン、どのような色を身にまといたいですか?
     
    1.Radical Eco ラジカル・エコ
    昨季までのベーシックカラーの流れをくみつつ、マニッシュな力強さとやわらかさを併せ持った雰囲気になっています。民族調の柄・テーマともあわせて、遠くを見据えるようにしっかりとした足取り・行動を感じるカラーグループです。


    ▼カラーデザイン例
    ※回転(左クリック/1本指ドラッグ)、移動(右クリック/2本指ドラッグ)、拡大・縮小(マウスホイール/ピンチイン・アウト)が可能です。
    2.Cross Culture クロス・カルチャー
    グリーンの注目が続いています。今季は清涼感、清浄感、エアリーな雰囲気をもったブルーよりのグリーンを中心としたカラーテーマが提案されています。潤いをもったグリーンは今季活躍するのではないでしょうか。
     
    3.Digital Fresh デジタル・フレッシュ
    ポップでカジュアル、軽さを持ったビビッドカラーで、スポーティーよりもどこか優しく、新しいことへチャレンジするリスタートのエネルギーを感じます。どの世代もデジタルとは切っても切れない時代に、デジタルの力で心を弾ませる、年をとっても青春を謳歌する、そのような新しい世界に通じるカラーグループです。
     
    4.Translucent Black トランスルーセント・ブラック
    今季のレディースウェアカラーにも似たテーマが登場しています。光を受けた素材の色、ニュートラルカラーのリズム感、暗い場所から眼をそらさず光を当てて受け入れるような姿勢を感じます。


    ▼カラーデザイン例
    ※回転(左クリック/1本指ドラッグ)、移動(右クリック/2本指ドラッグ)、拡大・縮小(マウスホイール/ピンチイン・アウト)が可能です。
    クイズに挑戦!
    回答を選ぶと結果が表示されます。全部で4問です。
    <問題>

      Next
      ライター・編集者

      カラーオン Mitsuru

      カラーコーディネーター

      自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、多くの人が色・コーディネート・デザインを楽しめるようにコンテンツをご提供しています。