メンズファッション

色彩があなたの力になる!

【ハイカットシューズ】青紫×ベージュでおしゃれな足元をつくろう!

  • 作成日:2022/03/26

  • 今回はAdobe Substanceという3Dモデル制作ソフトで作成したハイカットブーツをご紹介します。

    青紫系×ベージュ系のナチュラル×ダンディなイメージで、20代~40代まで幅広く使いやすいデザインのものにしました。
    青紫系×ベージュ系ハイカットブーツ
    ハイカットシューズ
    アッパーベースとタンの色です。ディープ~ダークトーンの青紫で、誠実な・信頼のある・伝統的な雰囲気をもつ色です。
    アッパーのラバー質部分のカラーです。アッパーのベースとトーンオントーン配色になる色で力強い男性的な印象を与える色です。
    アンクルとヒール部分には2つ目の色よりもさらに黒に近い(ほとんど黒)の同系色になっています。
    ミッドソールとシューレースはやや赤みを感じるベージュ系です。ベージュの中ではクールな印象の色で青紫との相性が良い色になります。
    全体的にはナチュラル×ダンディなイメージになります。青紫と赤みのベージュは中差色相配色となり似たイメージに乏しく、対照色相配色・補色色相配色のようにメリハリのあるデザインでもありませんが、青、ベージュそれぞれの色域の中でクール系のカラーでまとめられているため安定感のあるカラーデザインになっています。ナチュラルハーモニーで自然にある色の組み合わせとして私たちに心地よい配色にもなります。
    比較デザイン
    今回はミッドソールとシューレースのベージュをホワイトや青緑系に変えたデザインと比較しましょう。
    ハイカットシューズ
    青紫×ホワイトで全体的にはモダンなイメージになります。ダークカラーや無彩色でメリハリのあるイメージで、ベージュの時よりもスポーティーで活動的、若さを感じるデザインになります。青紫のトーンオントーン配色による奥行・力強さが感じられるためアクティブな中年男性にもおすすめのデザインになります。
     
    ハイカットシューズ
    青紫×青緑の個性的でクール×ダンディなイメージになります。中明度中彩度のダルトーンに近い青緑は静かな自然界を表現するような色で、アーバンな日常使いよりもアウトドアシーンになじむデザインとなっています。中間色のイメージが強くなり、一歩身を引いた存在で自分らしさを楽しんでいる方にお勧めのデザインです。
    ライター・編集者

    カラーオン Mitsuru

    カラーコーディネーター

    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、多くの人が色・コーディネート・デザインを楽しめるようにコンテンツをご提供しています。