弁柄色(べんがらいろ)とは

 
  • インドのベンガル地方(現在のバングラディッシュ)の赤土を顔料として着色した色で、戦国時代に南蛮貿易で伝来したとされています。
  • 純粋なベンガル産の赤褐色顔料は手に入りにくく、国産の土を焼成した弁柄色も多いようです。
  • 蘇芳より黄色味を帯びて、鳶色よりも明るい色とされています。
« 戻る

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事