レディスファッション

毎日を素敵な色彩で彩ろう!

2020年春夏レディスカラートレンド『Water Planet ウォーター・プラネット(水の惑星)』

  • 作成日:2020/04/05

  • 更新日:2020/07/18
  • 日本流行色協会(jafca)より提案された2020年春夏カラートレンド、レディスウェアのカラーテーマです。

    深い海や透き通った水など、インターカラーでも提案されていた水の揺らぎや流れゆくものをテーマとしたカラーグループとして提案されています。

    キーワードは水、海、反射、光、透明感、揺らぎ、流れ、深み

    ※jafca発行『流行色 No.597』より
    <jafca提案カラーパレット>
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    深い青をベースとしたイブニング・ドレス
    深い青をベースに水色と白で揺らぎのある柄が施されています。青と白の誠実さと清潔感がありながらも、大きく広がるスカート部分で大胆な動きも感じられ、堂々とした凛としたデザインです。

    地球の奥深く、芯から湧き上がる力強さを感じますね。
     
     
     
     

    <似ている色(色名一覧より)>

    幾何学模様のブルーコレクション
    (左)バイオロジカルな模様で紺色(あるいは瑠璃色)の神秘的な雰囲気を感じます。私のルーツは小さな生命体、細胞の活動にあることをスマートなデザインで表現されているように感じます。

    (中央)やや色みの強い水色で、こちらもバイオロジカルなラインを取り入れたデザインになっています。私たちの体の中には帯状になった神経が繋がりあっていますが、その連続性を感じるデザインですね。

    (右)トラディッショナルなマリンスタイルのボーダーデザイン。シンプルなデザインながら、最も海を感じさせるデザインの一つです。
     
     
     
     

    <似ている色(色名一覧より)>

    滑らかな素材のワンピース
     
    実際に手に取ってみないとわかりませんが、表面の質感はやや荒く、しかしながら滑らかで柔らかい素材のように感じます。

    深みのある青で女性らしい、しなやかで優しさを感じます。万人に好まれている青の落ち着きと優しさが伝わってきますね。
     
     

    <似ている色(色名一覧より)>

    ※このページのコンテンツはカラーオン独自の提案であり、国内及び海外の色彩関連団体による確認・承認を得ているものではありません。予めご了承ください。
    筆者紹介

    Mitsuru

    カラーコーディネーター

    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、多くの人が色・コーディネート・デザインを楽しめるようにコンテンツをご提供しています。