藍鉄色(あいてついろ)とは

 
  • 鉄色と藍色を組み合わせたような色です。
  • この色を何に使っていたかを記すものがあまりないようです。江戸時代には2つの色名を掛け合わせた表現がたくさん生まれています。藍色も鉄色も微塵縞(みじんこう)や小紋柄(こもんがら)といった細密な織の着物に使われていましたが、その細密さを表現する言葉は生み出されなかったようです。
« 戻る

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事