丹色(にいろ)とは

 
  • 朱色よりも黄みがかった色です。
  • 丹は赤い土の意味で、鉱物由来の赤色は丹と呼ばれていました。魏志倭人伝には和の国を「其山有丹」と書かれているそうです。山に赤い土があったということです。
  • 赤土のことを、その美しさから「真赭(まそほ)」「真赤土(まはに)」と呼び、あるいは単に「埴(はに)」とも呼んだようです。
  • 「丹誠を込める」とは、正真正銘の(真実の)誠意を込めた状態です。丹にも赤と同じ「明るい」「明らかな」というニュアンスが残っています。
« 戻る

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事