色名一覧

色名の由来・物語

黄丹(おうに)とは

 
  • 柿色よりもやや明るい色です。黄丹も柿色もJIS規格に登録されていています。
  • 黄丹は紅花と梔子(支子、けし、くちなし)で染められた橙色で、皇太子の礼服に使われています。古くは天皇の袍の色である黄櫨染に次ぐ禁色でした。
  • 梔子の実は熟しても果皮が裂けないので「くちなし」という名前になったそうです。
« 戻る