色彩を学ぶ

” 毎日が楽しくなる色彩知識を学ぼう! ”

 

【色彩心理】紫から連想するイメージはどんなもの?

  • 作成日:2020/05/03

  • 更新日:2020/12/22
  •  
    purple(紫)には気品、ロマンス、神秘、神聖、エキゾチックといったイメージがあります。不安、気取り、うぬぼれ、独裁といったネガティブなイメージもあります。

    <purpleが気になる時の人の状態>
    ・落ち着いた穏やかな熟考
    ・思慮深く内省的
    ・精神世界にとても興味がある
    ・協調性がない
    ・「個性的だね!」と言ってほしい
    ・感覚で生きる成熟した人
    ・無理して頑張りがち
    ・感情を表に出さない
    ・枠を超えたい願望
    ・効率の良さは皆無
    ・繊細で気配り上手
    紫のイメージ

    最後までお読みいただきありがとうございます。


    筆者紹介
    山口 充

    株式会社カラーオン代表、カラーアドバイザー(専門:消費者色彩心理、ウェブデザイン)
    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、 オリジナルデザイン自転車(一部、TVドラマでも使用)の企画を担当し、色彩の世界に誘われました。 色彩検定1級を独学で取得後、色彩心理・色彩文化を深め、株式会社カラーオンを設立。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに 衣住等物品販売の支援サービス、色彩学習サービス、ウェブメディアの運営を行っています。
    ◇色彩についてお困りのことやがございましたらお気軽にご連絡下さい。

    サービス一覧