色彩を学ぶ

” 毎日が楽しくなる色彩知識を学ぼう! ”

 

【色彩心理】赤から連想するイメージはどんなもの?

  • 作成日:2020/05/03

  • 更新日:2020/12/22
  •  
    red(赤)には愛、パワー、情熱、刺激、祝福といったイメージがあります。また怒り、危険、イライラ、殺意といったネガティブなイメージもあります。

    <redが気になる時の人の状態>
    ・負けたくない
    ・行動的にリーダーシップを発揮
    ・ワクワクするようなドラマチックな話が多い
    ・無理めを狙って落とすのが快感
    ・若さをアピール
    ・根深い怒り
    ・慎重さに欠ける
    ・相手に考える時間を与えない
    ・トップ営業マンになりたい
    ・上司や創業者に畏敬の念があり、上下関係がしっかりしていると働きやすい
    赤のイメージ
    ★必見★
    配色例・色使い例をほぼ毎日更新中!

    ネイルサロン、アパレルショップ・雑貨店、工務店にもフォローするカラーオン公式アカウント。
    筆者紹介
    山口 充

    カラーオン代表、カラーコーディネーター
    自転車店勤務時代にウェブデザイン・チラシデザインの制作、オリジナルデザイン自転車(一部、TVドラマでも使用)の企画を担当したことから色彩の世界へ。 「色彩が社会を元気にする!」をモットーに、色使いが苦手な方のカラーコーディネート講座、ビジネスのパフォーマンスを向上する色彩活用講座を実施。

    お知らせ

    会員登録で無料コンテンツを利用可能
    Amason電子書籍「配色パターン事典」