色名一覧

色名の由来・物語

紅色(べにいろ)とは

 
  • 紅花で染めた鮮やかな赤色で、口紅や衣装の染料として使われています。
  • 昔は紅花染料も「藍」と呼んでいて、中国の呉の国から伝えられた染料という意味で、呉藍(くれない)と呼ばれていました。
  • 咲き始めの花の外側をこまめに摘むことで良質の染めができることから、「末摘花」という呼称も生まれました。
  • 平安時代には高価で手に入りにくい高貴な色として禁制とされていました。
« 戻る