紅色(べにいろ)とは

 
  • 紅花で染めた鮮やかな赤色で、口紅や衣装の染料として使われています。
  • 昔は紅花染料も「藍」と呼んでいて、中国の呉の国から伝えられた染料という意味で、呉藍(くれない)と呼ばれていました。
  • 咲き始めの花の外側をこまめに摘むことで良質の染めができることから、「末摘花」という呼称も生まれました。
  • 平安時代には高価で手に入りにくい高貴な色として禁制とされていました。
« 戻る
講座・セミナー
パワポチラシデザイナー
配色の基本講座
色彩検定®3級対策
色彩検定®とは(色彩検定®情報)
作品・商品紹介依頼フォームへ

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事

7日間アクセスランキング

~~ 「色を楽しむ」コンテンツ ~~

7日間アクセスランキング

~~ 「色彩を学ぶ」コンテンツ ~~