猩々緋(しょうじょうひ)とは

 
  • 猩々とは中国の伝説上の獣で、お酒を好む猿の姿に似た生き物で、その猩々の血で染めたと思われるくらい鮮やかな赤色のことを猩々緋と呼びました。
  • 日本には南蛮貿易時に渡来し、戦国武将が陣羽織に好んで使用した。もちろん猩々の血ではなく、コチニール染と思われます。
« 戻る

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事