赤(あか)とは

 
  • マンセル値(5 R 4/ 14)で、最も赤らしい赤色としてJIS規格に登録されています。
  • 同時に赤は緋色、紅色、朱色、茶色などの総称としても使われます。
  • 日本の装飾古墳の藤の木や吉野ヶ里に見られる鮮やかな赤、ヒンドゥー教徒が額につける赤、北米インディオの壁画の赤、南米シカン文明の墓石の赤、どれも魔除けの聖なる色として共通の意味が込められていたと考えられています。
  • 赤は生命の色、情動の色として、エネルギーを与える色ですね。
« 戻る

何色の気分?

色入替え

<記事一覧>

最新記事