色名一覧

色名の由来・物語

躑躅色(つつじいろ)とは

 
  • 躑躅の花の、紫みの赤い色。平安時代には使われていて、枕草子では冬色の筆頭にあげられているそう。
  • 朝鮮ピンクという呼び方は今ではあまり使われませんが、躑躅色のような鮮やかなピンクのことです。日本では桜色や桃色のように柔らかなピンクが親しまれています。
« 戻る