色名一覧

色名の由来・物語

灰桜(はいざくら)とは

 
  • わずかに紅の色合いを含む明るい灰色です。
  • 江戸時代には「桜鼠(さくらねず)」の名前で流行しました。
  • 散った桜の花びらが水面や地上で最後の美しさを見せるような色ですね。あるいは霞の衣をまとった、落ち着きのある優しい桜のたたずまいかもしれません。
« 戻る